すんごくしょうもない日々の話を中途半端にこだわってみました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
                     


最近では日本でも ハロウィン が随分知られてまいりましたね (^^)




9月ともなりますと、アメリカの雑貨屋では

ハロウィン・グッズ が、所狭しと並べられはじめ、

そこここの店や住宅が、楽しく、しかも不気味に飾り立てられ 




TVも、ハロウィン関係の映画や 

『 アダムス・ファミリー 』 が繰り返し放送され 

気分はすっかり 『 ハロウィンの魔女 』 (← 乗り易い性格 )




あちこちの雑貨屋を覗いては

ハロウィン・グッズをあれこれ買い込んだので 

部屋の中はハロウィン・カラーの 『 オレンジと黒 』 だらけ




ワタクシ、たいへん怖がりなので、不気味ではなく

比較的可愛いグッズを集めたハズなのですが 

夜中にトイレに行く時など


  『 うわあああ   Σ(;△;/)/ 』


・・・・・ って ・・・・・ まあ、その ・・・・・

・・・ 自分でそこに飾りつけたんですけどね (^^;)ゞ



            



ハロウィンとは、ラフな説明をすると

   『 キリスト教のお盆 』 

魔除けのために、大騒ぎをする ・・・・・・・

・・・・ って、あまりに乱暴な説明すぎましたね 




宗教にあまりこだわりが無く

(↑ こんな感覚、世界でも日本だけだと思いますのよ )

お祭り騒ぎが大好きな日本には

たいへんピッタリな行事ではないかと思いますわ。



            



ディズニー・ランドやユニバーサル・スタジオでは

ハロウィン一色で、まるでアメリカにいる様な感覚 




昨年、ユニバーサル・スタジオで

『 ハロウィンのケーキ 』 を堪能しました。

・・・・・不気味で美味しかったですよ、ふふふ ゞ(^m^)



今年はどうしようかなぁ ・・・・・ 








↑ 毎年、ワタクシを脅す、吹流し型のハロウィンの飾り。

  前兆、1m 30cm

 (↑ 何の前触れ? 訂正: 『 全長 』 でございます )


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
2010.09.20 / Top↑
                    


渡米してすぐ、スーパーで発見し、驚愕したのが

  『 クッション・サイズのドリトス 』



一瞬、なんでスーパーに

クッションもしくは枕が売られているのだろう

とおもいましたもの。



迷わず、即、購入いたしましたが



いろんな味がございましたから、順々に試すのも楽しく

コーヒーをお供にTVショーを見ながら美味しく頂いておりました。




クチがしょっぱくなれば、前述の 『 バケツ・アイス 』 で

クチ直しをして、またドリトスに手を伸ばし ・・・・・。



アメリカ人が巨大な訳が判りましたわ ( ̄0/ ̄)



最近、日本でも気軽にドリトス買える様になりましたが

あの大きさのモノは、さすがに輸入されてませんね (^^;)





『 ドリトス: クッション・サイズと普通サイズ 』 



以前はこんなパッケージだった様な気が ・・・・・。



にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

2010.08.24 / Top↑


『 バケツサイズのアイス  チョコとバニラ 』 



あらゆるモノが BIG なアメリカ。

アイスクリームも半端な大きさではありません。

日本ではポピュラーなチビサイズは存在しないんですね。



日本で売られている ラージサイズが

あちらでは一番小さなサイズ。



なので、あちらのラージサイズというのが

バケツ級といおうか、鍋級といおうか

炊飯器のお釜ぐらいは軽くございます。



しかも、価格は日本のラージサイズ並み 


・・・・・・・・・   



『 巨大なアイスクリーム・バケツ 』 には

業務用の 『 アイスクリーム・サーバー 』

が、とっても便利でお似合い 



なので、アメリカ製の巨大ソファに座って

『 巨大バケツ・アイス 』 を

『 業務用アイスクリーム・サーバー 』

で美味しく堪能しつつ 

暢気なアメリカのTVショーを見る   という



実にアメリカ的な生活を楽しんでしまいました。




・・・・・ワタクシの巨大化はここから 

でございましたわね ( ̄▽ ̄ 





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
2010.08.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。