すんごくしょうもない日々の話を中途半端にこだわってみました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
          

消えたと思っていた記事が

1970年に登録されておりました。

・・・・・・・・・・・・・ ( ̄▽ ̄)

その頃、インターネット、まだ無いし ・・・



なので、気力を取り戻し (← シンプル )

『 執事とメイド 』 アゲイン 


         


ホーム・パーティって

海外だと結構メジャーな行事ですよね。


    
N.Y. 駐在中

旦那の取引先のアメリカ人の豪華アパートでの

ホーム・パーティ  にお呼ばれされましてね。



(※注 : アメリカでいう 『 アパート 』 って

      日本で言うと 『 億ション 』 に

      限りなく、近いものがございます。



      日本でいう 『 マンション 』 は

      アメリカでは 『 お城   』 ぐらいの

      意味になるのでございます )
 


何やら正式らしい、というので

「 正式って、何  」

と思いつつ



それならば、と、ここぞという時の 日本の誇り 

着物をパシッと決めてですね 

 (↑ 芸当その1 )

夫婦何組か、で行ったのですが ・・・・・


         


アップタウンのたいへん結構な場所の

たいへん結構なメゾネット・タイプのアパートで

まずは、たいへん結構なお部屋を拝見させて頂き

ではこちらへ、と、控えの間へと参りますと、そこに



白黒の燕尾服に身を包み

たくさんのカクテルが乗ったトレイを持ち

にこやかに微笑む執事の姿 



         



控えの間で執事とメイドが

食前酒とオードブルを持って客の間をスマートに歩きまわり 

執事がベルを鳴らし、高らかに、なおかつ控えめな声で



「 紳士淑女の皆様  

  お食事のご用意が出来ましてございます 」

 

と、食事のお支度完了のお知らせをし

優雅に食事の間へ、案内を ・・・・・。




食事の間に入りますと

映画に出てくる様なディナーの用意がっ  



その瞬間、ワタクシ、

現実感がどこぞへと飛び去りました。


        


にこやかで、きびきびした身のこなし

完璧なもてなし

最後の後片付けも、速やかに静かにウツクシク



でもって

白と黒の古典的な制服に身を包む

執事とメイドって、最高ですね ( ̄▽ ̄)


        


あの、貴族の様な結構な夕食会は

後にも先にも、一生で1回でしょうが

それはそれは素晴らしい夜でございました 



出来る事なら、何度でも味わいたい経験

でございます    





にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2010.05.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://nyannomaeashi.blog57.fc2.com/tb.php/8-b9c8df14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。