すんごくしょうもない日々の話を中途半端にこだわってみました

            


本日はちょっと番外編。



ワタクシが帰国した頃は、今程、ハロウィンがメジャーではなく

ウチの窓を飾るハロウィン・グッズを見て 

『 これ、何  』 と聞かれる事が多かったのですが




その飾りを見た、近所の英語塾の先生から

ハロウィンに子供達を連れて訪ねてもいいかと

聞かれたときには、

大喜びで、2つ返事で引き受けましたの (^^)




あの大騒ぎが、また体験できるのは

嬉しいものでございます 



           



本場のハロウィンを知らない子供達に

あの  わくわく  をプレゼントするには

普通の格好じゃイケマセン ( ̄▽ ̄)/"



ですが、小さい子もいるので、あまり怖い格好は避けたい。

市販の変身グッズは、あまりにありきたり。

なので、白いシーツを被って、おばけに変身する事に 




玄関の外には、ウェルカム・ハロウィンの飾りを出し

プレゼントのお菓子も、山程用意をし

さて、黒猫・・・・・・・・・・




L.A.の時と同じく、日々、ウチに入り浸ってる

お隣のにゃん、 黒猫のくーちゃんが

今日に限ってやってこないんですよ 

ほとんど毎日、ウチに居るのにー

今日が本番なのにー ( ̄- ̄;)ゞ




・・・・・ やっぱり、あれですかね。

ハロウィンの日に、近所中のにゃんが姿を消すのは

本物の魔女にくっついてって ・・・・・・・

・・・・・・・ ごほごほごほ。 何でもありません ゝ( ̄- ̄)



            



そのうちに、がやがやの声と共に

大勢の子供達の気配がしてきまして

『 trick or treat

の声に、シーツおばけの姿で玄関を出ますと




子供達、そんなの初めてだったんでしょうね。

蜂の巣をつついた様な大騒ぎに (^m^)




興奮さめやらぬ子供達1人1人に

『 here you are (さあ どうぞ) 』

と西洋のおばけらしく対応を。




何かね、ちっちゃい子は本物のおばけだと信じて

びびってるんですよ  ゞ(^m^)



なかなかの大好評だった様で

翌年も引き受けましたの。



後日、学校帰りの小学生が我が家を指差し

『 ここんち、おばけがいるんだぜぇ 』

と言ってるのを聞いた時には

思わず、にんまりしてしまいました (^m^)



後で聞いたら

10歳以下のちびちゃんばかりだったので

ほとんどが 『 本物のおばけ 』 と

信じたらしいですよ、 ふふふ。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村

2010.10.03 / Top↑
Secret