すんごくしょうもない日々の話を中途半端にこだわってみました

















カルチャーで、 油絵クラスを半年程、 受講しておりました。

ワタクシの腕、 この絵や 『 にゃんの前足 』 でのパコ

そのままでございます  (^^;)




メンバーは、 絵画歴が長い方々ばかりで

ワタクシのあまりにも・・・・・の絵に

「 ふざけてるの? 」 「 何で絵を描こうと? 」

と、しょっちゅう言われておりました。




・・・・・・・・ ( ̄▽ ̄;)




いいじゃありませんかっ! 楽しければっ! \( ̄Λ ̄;)/




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
2011.03.25 / Top↑



にこやかに行進する ( てれてれ歩いてるだけ、なんですが (^m^))

消防・警察・レスキュー・軍隊の皆様への、 うるさい程の、 感謝の拍手!





名誉の負傷者には、 やんややんやの喝采つき。 口笛つき。





仲間の腕の中にいる殉職者には、 拍手と感謝の涙と最大の敬意を。





以前にも記事にしたのですが ・・・・・ (^^;)ゞ


小さな島で、独立した都市、行政区域だった

マンハッタンだったから、出来た行事だったのかもしれませんが

年に1度、パレードがあるのでございます。



自分の命、健康を顧みず、 見ず知らずの私達の為に

命がけで助けてくれる消防・警察・軍隊の人達に敬意を表する。


いつか日本でも、定着して欲しゅうございます。





今現在、 東北関東大地震の各地区で

自分の命と健康をなげうって、不眠不休で頑張っている

消防・警察・自衛隊・レスキュー(レスキューわんこも!)

実際に現場で作業にあたっている原発の職員・その他、多くの皆様に

深い感謝と最大の敬意を捧げます。






にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
2011.03.18 / Top↑



    ↑ 『 博物館・美術館の入館料 』 





    ↑ 『 チャリティ・イベントで知人を発見 』



アメリカ生活の中で、 チャリティを身近に感じました。

民間レベルのチャリティや助け合いが非常に盛んで

それが国レベルの意識を高めている気がしました。



いざとなったら、 まず最初に動けるのは個人、民間なんですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村


2011.03.15 / Top↑